オペ室看護師を目指している方は必見です!

オペ室看護師の復職について

看護師は就職や転職をしやすい職業と言われていますが、一度退職し、現場を離れてしまっても、比較的復職しやすいと言われています。 背景には慢性的に看護師が不足している現状があるのです。
http://www.radarsonline.com/

看護師は女性が多いという職業柄、どうしても結婚や妊娠、出産などで退職をする人も多くなってしまいます。夫の転勤などで、やむなく退職をするという人も多いでしょう。 一度退職してしまってから、再び看護師として働きたいということであれば、復職という扱いになります。

看護師の場合、復職を軸にして仕事探しをサポートしてくれる場合もありますが、「転職」と同じ扱いで探すことも多いでしょう。看護師専門の転職サイトなどでは、復職の人が復帰しやすいようなサポート体制も整っています。

復職のための活動のアドバイスや指導はもちろんのこと、現場の勘が鈍っていることに対する不安を解消するような研修や相談を受け付けてくれるところもあります。

医療業界は日々の進歩が目覚ましく、ほんの2~3年のブランクでも、ついていけないといったことがあるかもしれません。ブランクからの復職の場合、そういった面で転職活動が不利になることもあります。 しかし、経験ややる気を高く評価してくれることもあるのです。

特に以前働いていた診療科と同じところを希望する場合などは、そのブランクの不利さも最小限に抑えられるでしょう。総合病院や大学病院などでの経験がある場合も、多少のブランクはそれほど気にする必要はないと思います。

とはいえ、ブランクからの復職は勇気があります。 ブランクがあるということを復職後に考慮してくれるかどうかは、職場によるからです。 復職を希望する場合には、研修やサポートなどを受けられるかを確認しておきたいですね。

どうしても自分で聞きづらい場合は、転職サイトなどで相談してみるとよいかもしれません。 病院側との間に立って、交渉してくれることもありますよ。 まずは復職のために行動してみて、それから悩んでみても遅くはないのではないでしょうか。